オテピピ環礁

海から来た

作業に取り掛かる前にWBSを作成する。

『もし木を切り倒すのに6時間与えられたら、私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やすだろう』というリンカーン大統領の言葉がありますが、僕達の普段の仕事も同様です。作業に取り掛かる前に準備を入念に行うことで、質の高い結果が得られるだけでなくトータルの時間を短縮することができたりします。『急がば回れ』そのとおりですね。

 

 では準備とは具体的に何をすればいいのか、という話ですが、僕はWBSを作成することだと思います。

e-words.jp

 

 WBSはプロジェクトの作業を"漏れなくダブり無く"網羅するためのフレームワークです。ただ、毎日の仕事でMECEWBSをいちいち作っている時間はありません。普段の一人で完結するような作業を実施する際には完璧なWBSではなく、手軽に作れるWBSが重宝されます。僕は下記のようなピラミッド構造の簡易なWBSを使っています。

 

①作業の目的を紙の一番上に書く。

②その目的を達成するために必要な要素を、その目的の下に枝分かれさせ書く

③さらにその要素を得るために必要な要素……とどんどん下に要素を書き連ねていく。

④要素が、”わざわざ書かなくてもわかる当たり前なもの”なレベルにまで分解されたら、WBSは完成。

 

 作成ツールは、ただのA4用紙で実施しています。

次回は、この簡易なWBSについてもう少し解説したいと思います。