システムとモデリング

SysML, Matlab/Simulink,他モデリング全般について。たまにプロジェクトマネジメント。

『Dropbox Paper』が計画書の作成に便利かもしれない

前回の更新から大分間が空いてしまいました。仕事が忙しくなりブログ更新のための時間が取り辛くなっています。

さて、今回は各所で既に話題にはなっていますが昨年から始まったDropboxの新サービス『Dropbox Paper』を紹介したいと思います。

www.dropbox.com

個人的にはこのサービスはプロジェクト計画の大変向いていると感じました。

 

Dropbox paperの優れている要素

1.Markdownで記述できる

 今までありそうでなかったものですが、この手のノートアプリには珍しくMarkdown方式のキーボードショートカットに対応しており、すばやく文字の装飾や表の作成を行うことができます。

2.docxでエクスポートできる

 MSのwordで読み込める形式でエクスポートすることができますのでこのサービスを利用していない人との共有も簡単にできます。ただしエクスポートは完璧ではなく反映されない部分も散見されます。

3.タスクの設定が可能

 文書内でタスクの設定が可能で、内容・期日・担当者をチェックボックス形式で表現することができます。

 

これらの特徴はプロジェクト計画書で欲しい要素『頻繁に更新するので記述に手軽さが必要』『広範囲の相手と共有する必要がある』『文書数は増やしたくなく、一つの文書にWBS他多くの要素を含みたい』を叶えることができますのでプロジェクト管理に大変有用と感じました。

 

しばらくこのサービスを利用してみて、また感想を公開したいと思います。

短いですが本日はここまでです。