システムとモデリング

SysML, Matlab/Simulink,他モデリング全般について。たまにプロジェクトマネジメント。

渦巻ポンプの構造をSysMLブロック定義図風にモデリングする

今回は唐突ですが渦巻ポンプの構造についてSysMLでモデリングしてみます。

渦巻ポンプの構造

渦巻ポンプの構造は例えば図のようになります。この図は下記サイトから引用させていただきました。

www.fukui-pump.com

f:id:Otepipi:20180815202642p:plain

ブロック定義図

これをSysMLのブロック定義図"風"にPlantUMLで書いたものが下図になります。"風"としたのは一部SysMLに規定されていない使い方をしているためです。

f:id:Otepipi:20180815202946p:plain

コードは次のようになりました。

@startuml

hide circle
hide empty members

package "bdd 渦巻ポンプ" <<Frame>> {
class 羽根車 <<block >>{
    Text=回転して液に遠心力を与える
}
class ケーシング <<block >>{
    Text=液の通り道をつくる
}
class グランドパッキン <<block >>
class メカニカルシール <<block>>
class スリーブ <<block >>
class ベアリングハウジング <<block >>
class ボールベアリング <<block >>
class 本体部 <<block >>
class 軸シール部 <<block >>{
   Text=主軸とケーシングの貫通部から液が漏れないようにする
}
class 軸受け部 <<block >>{
    Text=主軸を支える
    }
class 渦巻ポンプ <<block >>
class 主軸 <<block >>{
    Text=駆動部からトルクを伝える
}
class モーター <<block >>
class 電源 <<block >>
class 駆動部 <<block >>

}

渦巻ポンプ *-- 本体部
渦巻ポンプ *-- 軸シール部
渦巻ポンプ *-- 軸受け部
渦巻ポンプ *-- 駆動部

駆動部 *-- モーター
駆動部 *-- 電源


本体部 *-- 羽根車
本体部 *-- ケーシング
本体部 *-- 主軸

軸シール部 *-- グランドパッキン
軸シール部 *-- メカニカルシール
軸シール部 *-- スリーブ

軸受け部 *-- ベアリングハウジング 
軸受け部 *-- ボールベアリング

モーター --> 主軸 :トルクを伝える
主軸 --> 羽根車:トルクを伝える

@enduml

今回はここまでになります。